誇りが持てる
日本の歴史学習会

お知らせ

実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • 開催日時について

    6月4日(土) 9:20〜11:30、7月3日(日)13:45〜16:00、8月7日(日) 13:45〜16:00、
    9月以降の開催日時については開催月の3ヶ月前にお知らせいたします。

  • 6/4(土)の会場参加の申込について(5/7掲載)

    6月4日(土)9:20〜11:30の会場参加をご希望の方は、
    5/21(土)に送付するメールの【会場参加希望アンケート】に回答ください。
    限定20人、先着順でのご案内となります。
    会場は東京芸術劇場・会議室(池袋駅徒歩5分)となります。
    ※会場参加のお申込は、継続でお申込みいただいた方のみの特典となります。

  • 8月の開催日時が決定しました!(5/8掲載)

    8月の開催日時は、8月7日(日)13:45〜16:00となります。
    ※9月以降の開催日時については開催月の3ヶ月前にお知らせいたします。

  • 開催時間の変更について(5/20掲載)

    6月4日(土) の開催時間を9:30ー11:45から9:20ー11:30へ、7月3日(日)と8月7日(日) の開催時間を14:00ー16:15から13:45ー16:00へ、それぞれ前倒しいたします。
    お間違えのないようご留意ください。よろしくお願いいたします。

  • 開催日時について

    6月4日(土) 9:20〜11:30、7月3日(日)13:45〜16:00、8月7日(日) 13:45〜16:00、
    9月以降の開催日時については開催月の3ヶ月前にお知らせいたします。

今、日本の歴史を学ぶ理由

おほみたからの笑顔溢れる国 日本の危機

世界一長い歴史を持つ我が国日本。

しかし、大東亜戦争後、GHQの日本植民地化計画により自国の歴史や神話を学ぶことを禁止されました。嘘偽りで歪められた歴史が大手を振ってまかりとおり、事実を隠蔽された戦後の教育で、敗戦国とはいえ、自国の誇れる正しい歴史を何も知らされていません。

イギリスの歴史学者アーノルド・トインビー氏は『自国の神話や民話を歴史を学ばなくなった民族は100年以内に必ず滅びる』 との有名な言葉を残しています。

この言葉の通り、戦後77年たった今では、自信喪失・鬱・自殺があとをたたず、未来に希望を見出せない国となってしまいました。多くの国民は真摯に働けども30年間も給料があがらない貧困にあえぐ生活を強いられるようになりました。今、まさに国滅亡の危機が迫っています。

亡国の危機を打破するため、77年間隠されてきた「日本の本当の歴史」を学び、日本人の誇りと自国を取り戻すことが急務となっています。

大人のための学習会

自分の頭で考え、仲間と議論して答えを出す
「なぜ?」を大切にする学習会
この度『新しい歴史教科書』(自由社刊)代表執筆者の
藤岡信勝氏を講師にお迎えし、
真実の日本の歴史を学ぶ大人のための学習会を開催します。

詰込暗記学習を強いられた我々は
学ぶ楽しさ、知る楽しさ、考える楽しさを奪われた教育を強いられました。

今回はそんな従来の勉強法をはなれ、
自ら考え学ぶ形式で授業は進行いたします。
学ぶことの楽しさを存分に味わい
日本人としての知性と教養を身につけてまいりましょう。


全12回の授業終了後、あなたはこれまでとは全く異なる、
新しい日本の姿を捉えていることでしょう。

日本人としての誇りと自信を取り戻し、
明るい未来に向け歩み出しませんか?

授業内容

  • 【第一回】2022年4月3日(日)【終了】

    1限目 人類の誕生と日本人の祖先
    2限目 自然の恵みと縄文文化

  • 【第二回】2022年5月7日(土)【終了】

    3限目 ムラからクニへ
    4限目 神話が語る国の始まり

  • 【第三回】2022年6月4日(土)9:20ー11:30

    5限目 聖徳太子の政治
    6限目 遣隋使と天皇号の始まり

  • 【第四回】2022年7月3日(日)13:45ー16:00

    7限目 大化の改新と元号の始まり
    8限目 律令国家の建設と日本の国号

  • 【第五回】2022年8月7日(日)13:45ー16:00

    9限目 元寇
    10限目 戦国大名

  • 【第六回】2022年9月 ※開催日時は6月末に告知

    11限目 豊臣の政治と朝鮮出兵
    12限目 江戸の社会の平和と安定

  • 【第一回】2022年4月3日(日)【終了】

    1限目 人類の誕生と日本人の祖先
    2限目 自然の恵みと縄文文化

  • 【第七回】2022年10月 ※開催日時は7月末に告知

    13限目 ペリーの来航と開国
    14限目 廃藩置県と中央集権国家の実現

  • 【第八回】2022年11月 ※開催日時は8月末に告知

    15限目 条約改正への苦闘
    16限目 大日本帝国憲法と立憲国家

  • 【第九回】2022年12月 ※開催日時は9月末に告知

    17限目 国家の命運をかけた日露戦争
    18限目 世界列強の一員・日本と東アジア

  • 【第十回】2023年1月 ※開催日時は10月末に告知

    19限目 ロシア革命と大戦の終結
    20限目 共産主義とファシズムの台頭

  • 【第十一回】2023年2月 ※開催日時は11月末に告知

    21限目 日中戦争(支那事変)
    22限目 大東亜会議とアジア諸国

  • 【第十二回】2023年3月 ※開催日時は12月末に告知

    23限目 占領下の日本
    24限目 21世紀の日本の進路

  • 【第七回】2022年10月 ※開催日時は7月末に告知

    13限目 ペリーの来航と開国
    14限目 廃藩置県と中央集権国家の実現

テキスト

新しい歴史教科書(自由社)
自虐史観の根底をなす虚構を排除した教科書をつくることを目的とした「新しい歴史教科書をつくる会」がつくった中学生向け歴史教科書(令和3年2月文科省検定済)を、本学習会のテキストとして使用します。

◆この教科書のポイント
・日本の国柄と歩みについて、虚構を排し、事実を中心に教える教科書
・虚構の南京事件を載せず 実在した通州事件を書いた 初めての教科書
・学習指導要領の目標“我が国の歴史に対する愛情を深める”に最も忠実な歴史教科書

◆出版社からのコメント
戦後70年、「国家」と「家族」、そしてGHQによって削除され歪曲された「本当の歴史」を取り戻すために、教育こそが要となります。 物語性のある文章が興味を強く引き、歴史の面白さを堪能できる教科書です。胸を張って語れる日本人の自画像が、読者の心深くに定着します。「つくる会」の25年間の精華が結集した歴史教科書!
Amazon本紹介より一部抜粋

講師のご紹介

自国の歴史を取り戻す活動を続けて四半世紀

『新しい歴史教科書』代表執筆者 藤岡 信勝 
昭和18年(1943年)北海道生まれ。
北海道教育大学助教授、東京大学教育学部教授、拓殖大学教授を歴任。
平成9年「新しい歴史教科書をつくる会」を創立。現在、副会長。『新しい歴史教科書』(自由社、令和2年度文科省検定済み)の代表執筆者。自虐史観を克服し自国の歴史を取り戻す歴史教育のあり方を追求している。
著書・編著:『教科書が教えない歴史①〜④』(産経新聞ニュースサービス)、『国難の日本史』(ビジネス社)、『教科書採択の真相』(PHP新書)、『教科書検定崩壊!』(飛鳥新社)など

ナビゲーター

NPO法人元気の素カンパニー以和貴 理事長 植木 秀子
昭和35年(1960年)広島県生まれ。
薬剤師、エネルギーシフトコーチ
2013年3月4日、NPO法人元気の素カンパニー以和貴設立。
子供のアトピーを機にクスリに頼らず健康に生きる食育講演や執筆活動を開始。【心の元気と体の健康】をテーマに活動。
東日本大震災で地震・津波・原発事故の三重苦を背負ったいわき市にて被災し【情報が人の命を左右する】ことを体感。講演やコーチング、YouTube等で、心や思考・精神・文化といった「目に見えない世界」の大切さ及び「現実社会の事実」を知る事の大切さを伝えている。

ナビゲーター

NPO法人元気の素カンパニー以和貴 理事長 植木 秀子
昭和35年(1960年)広島県生まれ。
薬剤師、エネルギーシフトコーチ
2013年3月4日、NPO法人元気の素カンパニー以和貴設立。
子供のアトピーを機にクスリに頼らず健康に生きる食育講演や執筆活動を開始。【心の元気と体の健康】をテーマに活動。
東日本大震災で地震・津波・原発事故の三重苦を背負ったいわき市にて被災し【情報が人の命を左右する】ことを体感。講演やコーチング、YouTube等で、心や思考・精神・文化といった「目に見えない世界」の大切さ及び「現実社会の事実」を知る事の大切さを伝えている。

開催概要

日時
第一回 2022年4月3日(日)14:00-16:15(開場13:45)【終了】
第二回 2022年5月7日(土)14:00ー16:15(開場13:45)【終了】
第三回 2022年6月4日(土)9:20ー11:30(開場9:10)
第四回 2022年7月3日(日)13:45ー16:00(開場13:30)

第五回 2022年8月7日(日)13:45ー16:00(開場13:30)
※9月以降は開催3ヶ月前に告知します。
参加方法
①会場参加(継続申込の方限定・人数限定先着順)
②オンライン参加(ZOOMにて会場の授業を中継)
※後日アーカイブ(録画)配信があります。
参加協賛費
3,900円 / 月
参加協賛費
3,900円 / 月

参加方法のご案内

学習会の参加方法は2通り+アーカイブ。
ご都合に合わせて、お好きな方法をお選びください。

会場参加

会場:東京芸術劇場・会議室
・人数限定・先着順です。
・会場参加は、各回開催2週間前に行う【会場参加希望アンケート】にお申込ください。※先着から漏れた方はZOOMでのご参加となります。
・なお会場参加は、参加協賛を継続でお申込いただいた方のみとなります。

オンライン参加

ZOOMにて中継
・ZOOMにはなるべく「カメラON(顔出し)」にてご参加ください。
・トークルームにて少人数ごとに分かれたディスカッションの時間も設けてあります。
・ZOOM参加でも一方的にただ聞くだけの眠くなるような講義ではございませんのでご安心ください。

オンライン参加

ZOOMにて中継
・ZOOMにはなるべく「カメラON(顔出し)」にてご参加ください。
・トークルームにて少人数ごとに分かれたディスカッションの時間も設けてあります。
・ZOOM参加でも一方的にただ聞くだけの眠くなるような講義ではございませんのでご安心ください。
番外
いつでもどこでも、アーカイブ(録画)を視聴できます
「学習会の時間に用事がある」「復習をしたい」・・・そんな方は、アーカイブ(録画)をご活用ください。
講義から1週間程度でZOOM中継の録画動画をメールにてお届けします。
※参加者の各グループでのディスカッションの様子は録画されていません。
※会場参加の方、ZOOMで発言をされた方は、お顔や学習の様子が録画に載ることがございます。予めご了承ください。

参加協賛費について

3,900 円 (税込) / 月
参加協賛費をご寄付いただいた方へ学習会参加URLをお送りします。

継続申込特典

  • 東京芸術劇場で行われる藤岡先生のリアル講義。
    この参加権は【継続申込の方のみ】の特典となっております。
    毎月、先着20名となりますので奮ってご応募ください。
    ※各回開催2週間前に会場参加希望アンケートをお送りします。
    会場でのリアル参加ご希望の方は【継続】にてお申込ください。

お支払い時の注意事項

  • 継続でのお申込【PayPal】or【クレジットカード / デビットカード】
    単発でのお申込【PayPal】or【クレジットカード / デビットカード】or【銀行振込】
  • 継続参加希望の方は【継続コース】を、今回のみ受講の方は【単発コース】を選択ください。
  • 継続参加希望の方は【継続コース】を、今回のみ受講の方は【単発コース】を選択ください。

学習会参加の流れ

Step.1
学習会への参加を決意する
何事も、先ずは決心することからスタートです。
Step.2
登録メールを受け取る
上記【学習会に参加する】ボタンから、参加のお申込みをしてください。
Step.3
参加協賛費の支払い登録をする
参加申込後、申込の確認メールより、協賛参加費のお支払いをしてください。
Step.4
【希望者のみ】会場参加の申し込みをする
各学習会開催日の2週間前に、メールにて「会場参加希望アンケート」をお送りします。会場参加を希望される際は、アンケートにお申込みください。申込先着順(若干名)となります。
※会場参加は継続コースの方の特典となります。先着から漏れた方、単発でのお申し込みの方はオンライン(ZOOM)でのご参加となります。
Step.5
オンライン参加の案内メールを受け取る
各回開催の3日前にオンライン参加のURLをお送りします。※会場参加が確定した方には、会場の詳しいご案内を差し上げます。
Step.6
学習会に参加する
会場にてリアル参加もよし、ZOOMにて好きな場所から参加もよし。お好きな方法でご参加ください。
Step.7
【講座終了後】アーカイブを視聴する
講座後1週間を目処に、ZOOMの録画をアーカイブ配信いたします。見逃した時、復習したい時にご活用ください。
Step.2
登録メールを受け取る
上記【学習会に参加する】ボタンから、参加のお申込みをしてください。

オンライン参加にあたってご用意いただくもの

・パソコン or スマートフォン or タブレット
・インターネット環境
・視聴URLを受け取るメールアドレス
【オンライン参加をご希望の方へ】
オンライン配信はZOOMにて行います。事前に視聴準備をお願いします。

▼ZOOM利用が初めての方:アプリのダウンロードをお願いします。
*パソコン:ミーティング用ZOOMクライアントをこちらよりダウンロードください。 
*スマホ・タブレット:アプリストアで「ZOOM」と検索しダウンロードをしてください。

以和貴が日本史学習会を開催する理由

本学習会を主催する【NPO法人 元気の素カンパニー以和貴】は
「3・11の教訓を未来の糧に、語り・学び・育ち合う仲間創りで心の復興を成す」
を目的に平成25年3月に設立されたNPOです。

福島県いわき市を拠点に、東日本大震災の被災者自らが立ち上がって設立いたしました。
心豊かな未来を歩むための情報と学習・交流の場を提供してきました。

東日本大震災から10年が過ぎ、
日本各地が自然災害に見舞われ、
新型コロナウィルスが世界中を席巻する中、
当NPOも活動範囲を、福島県のいわき市に限定することなく、
災害地域の復興支援やオンライン開催など活動の幅を広げています。


設立当初より、「心」という目には見えないけれど、
人が幸せに生きていくために大切なものを重視してきました。

心豊かに生きるための情報をお届けするために
講演会、上映会、座談会など、様々なイベントを展開しています。

自虐史観に囚われない、日本の正しい歴史を学ぶことは
日本人が誇りを取り戻し、心豊かに生きていく上で
とても重要だと、近年痛切に感じておりました。

この度、藤岡氏とのご縁をいただき、
この様な「日本人の誇りを取り戻す」学習会を開催できることは
当NPOにとって望外の喜びです。


令和4年4月より、当NPOの新しい試みが始まります。

活動内容のご紹介

NPO設立5周年イベントの様子
「おかげさまで・・・」と銘打った年度末のイベントは、講演会あり、映画上映あり、合唱ありの内容盛りだくさん。全国からたくさんの参加者が駆けつけてくれました。



講演会・上映会+意見交流会
「講演会を聞く」、「映画を見る」というインプットだけでなく、そこから「どう思ったか」「どう考えたか」と自分の思いをアウトプットすることを大切にしています。
たくさん開いた車座の会
当NPOで一番開催数の多い「車座の会」。地域や年齢の垣根を超えて、みんなで話し合い、いろんな意見に耳を傾けることで、交流を深めています。
各種ワークショップ
未就学児童からお年寄りまで。年齢を限定せず開催するワークショップは、世代間を超えた交流も楽しさの一つです。




NPO法人 元気の素カンパニー以和貴
ホームページはこちら

会場アクセス

会 場
東京芸術劇場 会議室
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
アクセス方法
●電車でお越しの方
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結しています。

●車でお越しの方
東京芸術劇場の駐車場があります。※駐車場代金は利用者様がご負担ください。
会 場
東京芸術劇場 会議室
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1